車を買い替える際に気になるのは今まで使っていたナンバープレートは使えるのか、同じナンバーで登録できるのか、といったことですよね。

これまで慣れ親しんだナンバーを変えるのは抵抗があるという方も多いはずです。

今回は車の買い替えに伴うナンバープレートの疑問についてお答えします。

この記事を読むメリットは

・車買い替えの際に今のナンバーが引き継げるかどうかわかります
・車買い替えの際に希望ナンバーのゲット方法や手続き費用がわかります

車の買い替えで以前使っていたナンバーは引き継げる?

ナンバープレートは車両の情報と紐づいて管理されているため、車を買い替えるときには新しいナンバープレートを用意する必要があります。

その際、記載されている番号も新しく発行するため以前使っていたナンバーを引き継ぐことも残念ながらできないのです。

ただ、新しく発行するナンバーを前回と同じものになるように希望することは可能です。

そもそもナンバープレートとは?

まずはナンバープレートが何のためにあるのかを確認しておきましょう。

ナンバープレートの正式名称は、普通車であれば自動車登録番号標、軽自動車であれば車両番号標と言います。次にナンバープレートに記載されている情報について見ていきましょう。

まずはナンバープレート上部の地名。これはその車を所轄している運輸支局の名称を示しています。東京であれば品川、練馬、足立などがありますね。

例外的に運輸支局名でないものとしてご当地ナンバーというものもあります。そして地名の後ろに並んでいる3桁の番号は分類番号というもので、その車がどんな分類をされているかが分かります。

自動車の分類、サイズや排気量ごとに決まった番号を割り当てられます。

次にその下段、左端のひらがな一文字は用途を示しています。この文字を見ればその車が事業用なのか、自家用なのか、はたまたレンタカーなのかということが分かります。

そして一番大きく表示されている1桁から4桁の番号は一連指定番号。これは車を特定するためランダムにつけられる番号です。

希望のナンバーを手に入れるには?

上で述べた通り、地名や分類番号については車を決めた段階で決定してしまいます。

ひらがなについては決まった文字の中からランダムで選ばれるものではありますが希望してつけられるものではありません。私たちが希望できるのは一連指定番号、つまり一番大きく表示されている番号のみです。

基本的に希望すれば好きな数字を取得できるこの番号ですが、ゾロ目であったりキリのいい番号は人気が高く、必ず取得できるとは限りません。

複数の人が同じ番号を指定した場合は抽選が行われます。

ナンバープレートを取得する方法

何も言わなければナンバープレートは車を購入したディーラーや販売店で代行してもらうことになります。

しかし自分で取得する方法がないわけではありません。その方法は以下の3通りです。

1.運輸支局と一緒に設置されている「希望番号予約センター」で申し込み
2.郵送かFAX
3.ネットから申し込み

ナンバー取得にかかる費用は?

ナンバープレートにはペイント式と字光式の2種類があります。ペイント式は一般的な鉄の板、字光式は読んで字のごとく、夜や暗いところで字が光るタイプのプレートです。

当然字光式の方が取得にかかる費用は高く、地域によって前後はしますがペイント式が1,500円前後であるのに対して字光式は3,000円ほどの手数料がかかります。

ちなみにこれはナンバーを希望しない場合の料金で、ナンバーを希望する場合はどちらも4,000円から5,000円ほどの料金となります。

実はこの料金、ディーラーや販売店に代行してもらう料金とあまり変わらない場合がほとんどです。代行料はせいぜい数千円から1万円程度。手間がかからない分ここは任せてしまう方が楽です。

値引き交渉によっては代行料を引いてくれることもあります。

車の買い替えをするなら古い車は買い取りを依頼しよう

車を買い替えるということは以前の車は処分することになるでしょう。

それならば買い取り業者へ買い取りを依頼することをオススメします。

ナンバーをつけたまま中古車として販売されることに抵抗を感じる人もいらっしゃるかもしれません。警察はナンバープレートの情報を元に犯人を見つけたりしますからね。

個人情報が流出してしまうかもと不安になる気持ちは分かります。ですが警察ではない一般人がナンバープレートから情報を探り出すのはほぼ不可能です。

なんらかの事件に巻き込まれたといったことがなければ警察も弁護士も情報を開示してはくれません。この点については安心してください。

買い取りしてもらえば下取りに出すよりも廃車にするよりも得になるよう売却できる可能性が高いです。

買い取りをするのは専門の業者ですから、販売ついでに下取りをするディーラー、販売店よりも高く買い取ってくれるのは当たり前と言えます。

ただ1つの業者にしか買い取りの見積もりをしないと安く買いたたかれてしまうというリスクがあります。

これを回避するためにオススメなのがネットの一括見積依頼です。

こちらを利用すれば車に関する簡単ないくつかの項目を入力するだけで車の相場が分かるだけでなく、わざわざ業者に電話をせずとも自動的に見積依頼を出すことができます。

車の買い替えを検討しているのであればまずは見積もりだけでもお願いしてみましょう。