ぴよこくん

車買い替えの際の必要な書類っていまいちどれなのかまとめてくれているサイトが少なくて

こうもり君

弊サイトは購入と売却の場合にわけて検討してみたよ!是非参考にしてね!

何事にも手続きをするために書類を用意することは欠かせません。

それは車の買い替えについても同じこと。

特に車は大きい金額が動く取引なので、さまざまな書類を用意する必要があります。

しかし車は頻繁買い替えるものではないでしょうから、どんな書類を用意すればいいのかと悩んでいる方も多いはず。

業者が教えてくれるとはいえ、事前に用意できるものは用意しておきたいと考える人も多いでしょう。

今回は車を買い替えるためにどのような書類が必要になるのか、自分で用意する書類・業者が用意する書類は何かについて解説します。

車買い替え・特に下取り・売却の場合に必要な書類

古い車を下取り・売却するために必要な資料は以下の通りです。

車検証
自賠責保険証明証
自動車税納税証明書
印鑑証明書
リサイクル券
委任状
譲渡証明書
その他(住民票など)

それぞれ解説します。

車検証

正しくは自動車検査証と言います。

自動車の所有者や車名など、自動車についての情報が記載されており、その自動車が自動車保安基準を満たしていることを証明する書類です。

運転時には必ず持っていなければならないものなので車の中にあるはずです。

助手席のダッシュボードに入れているという方がほとんどなのではないでしょうか。

もしなくしてしまったという場合は運輸支局で再発行の手続きをすることができます。

自賠責保険証明証

正しくは自動車損害賠償責任保険証明書です。

これは任意保険とは違い必ず入らなければならない保険、強制保険に加入していることを示す証明証です。

自賠責保険に加入していなければ車検に通りませんので、車検が切れてさえいなければ自賠責保険も切れていないはずです。

こちらも車検証と一緒に助手席のダッシュボードにしまっている人がほとんどでしょう。

万が一なくしてしまった場合は保険会社に連絡して再発行してもらってください。

自分がどこの保険会社で自賠責保険をかけているか分からない場合は車検を通した業者に確認してみましょう。

まだ一度も車検に出していない方なら車を購入した業者に問い合わせることで確認できます。

自動車税納税証明書

毎年納めなければいけない自動車税をちゃんと納めていることを証明するもので、納付した時に返してもらえる小さな紙です。

自動車を持っていると5月ごろに自動車税の納付書が送られてきます。

もし自動車税を納めていなければ車を処分できないどころか、最悪の場合差し押さえされてしまいます。

延滞金もかかってしまいますので、もし払い忘れていたということであれば早めに納付しましょう。

なくしてしまった場合、普通車なら県税事務所で再発行することができ、軽自動車の場合は各市町村の役所で再発行ができます。

再発行の手続きには車検証と判子が必要ですので事前に用意しておきましょう。

後述する委任状があれば買い取り・下取り業者が再発行することもできますので、業者側で代行してもらえるか確認しておきましょう。

印鑑証明書

契約に使われた判子があなたのものであることを証明するための書類です。

使用する判子が印鑑登録されていない場合は登録から始める必要があります。

登録は各市町村の役所で受け付けています。

登録を済ませると印鑑登録証がもらえますので、これをもって役所に行けば印鑑証明書を発行してもらうことができます。

最近はマイナンバーカードがあればコンビニでも発行できる市町村があります。

マイナンバーカードをお持ちで役所に行くのがめんどうだという方はお住いの市町村の公式ページから確認してみてください。

もちろん印鑑証明書だけでなく判子も必要になるので忘れずに用意しましょう。

リサイクル券

日本の法律では自動車のリサイクル料は所有者が負担する仕組みになっています。

自動車購入代金の内訳を確認すればリサイクル料という項目があるはずです。

リサイクル券はこのリサイクル料を払ったという証明になります。

なくしてしまった場合、再発行はできませんが自動車リサイクルシステムというサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すればこれでも問題ないということになっています。

車検証に記載されている車台番号などの情報を入力すればだれでも印刷できるので、買い取り・下取り業者で対応してくれます。

委任状

買い取り・下取り業者があなたの代わりに種々の手続きをするために必要になるものです。

委任状は業者側が用意するものですのであなたが用意する必要はありません。

委任状に署名と押印をし、業者に渡せば完了です。

譲渡証明書

車を業者に引き渡すために必要な書類です。

こちらも業者で用意してくれますのであなたが用意する必要はありません。

その他

車検証の住所と印鑑証明書の住所が違う場合には住民票が必要になるなど、例外的にその他の書類が必要になることがあります。

基本的には上述の書類で足りるので、その他の書類についてはあまり気にしなくても問題ありません。

車買い替えの購入時に必要な書類

新しく車を購入する際に必要な書類は以下の通りです。

印鑑証明書(普通車の場合)
住民票(軽自動車の場合)
委任状
車庫証明書

それぞれ解説します。

印鑑証明書

普通車を購入する時だけ必要になります。

印鑑証明書については前項の「下取り・売却に必要な資料」で解説した通りです。

軽自動車でも判子は必要ですが、シャチハタでなければ実印でなくても構いません。

住民票

軽自動車を購入する時に必要になります。

普通車を買う場合は不要です

住民票自体に有効期限はありませんが、自動車販売店側からは3か月以内のものを用意するように、など期限が決まっている場合がほとんどです。

以前何かで用意したあまりがあっても新たに用意しなければいけないと考えておくべきでしょう。

委任状

各種手続きを業者が代行するためのものです。詳しくは前項の「下取り・売却に必要な資料」で説明した通りです。

車庫証明書

車の保管場所が用意されていることを証明するためのものです。

車庫証明書の発行には車の車体番号などを書く必要があるため、事前に用意することはできません。

発行にあたっては業者が代行する場合がほとんどですが、自分でとることも不可能ではありません。

自分でとる場合は警察署に申請書一式を取りに行き、社名や車体番号、住所や氏名を記入し、保管場所の所在図や配置図を書いて提出しなくてはなりません。

業者に依頼すると代行料がかかりますが、よほど高くない限りは業者に丸投げしてしまうことをオススメします。

営業マンにあまり良い印象を持たれないと車の値引きがしづらくなってしまうので、最終的には手間だけかかるといったことになりかねないからです。

愛車の買い取り価格を知っておこう

事前の準備ができていないと頭の中がパニックになってしまい、営業マンの都合のいいように交渉されがちになります。

ある程度事前に書類を用意したり知識を身につけておくことで余裕をもって交渉に臨むことができます。

必要な書類を用意することも大切な事前準備ですが、今お持ちの車の買い取り価格を知っておくことも欠かせません。

車の買い取り価格を知るならネットの一括見積サービスが便利です。

普通は近所の買い取り業者を探し、電話をして車の状態などを伝えなければいけませんよね。

合い見積もりをとるなら他の業者も見つけ、同じように電話で問い合わせなければいけません。

ですが一括見積サービスを使えばわざわざ電話をかける必要がなく、いくつかの簡単な項目を入力するだけで複数の業者に見積もりを依頼することができます。

合い見積もりなら安く買い叩かれることもないので安心です。見積もりは無料ですので、まずは一度依頼してみると良いでしょう。