ぴよこくん

実は10万キロで車は壊れません。車を買い替えるなら値段ががたっと落ちやすい3万や5万キロで手放しておくのが吉

こうもり君

新しく中古車を買う際のその車の走行距離の基準や乗りつぶしをするべきかどうかを判断する要素も書いてありますよ

このページをご覧になっているあなたは、そろそろ車を買い替えた方がいいのだろうか、買い替えの目安とはどんなものだろうか、とお考えのことでしょう。

買い替えのタイミングは人それぞれ。数年で買い替える人もいれば、動かなくなるまで乗り潰すという人もいます。

それでも買い替えを検討するべきタイミングというのはあるもので、特に重視されるのが走行距離です。

ある適切な時期を逃すと、それを境に買い取り価格・下取り価格が一気に落ち込んでしまいます。

せっかくならお得になるタイミングで買い替えたいですよね。少しでも買い替える可能性があるのであれば、ぜひこの記事をご覧になっていってください。

あなたの車の価値は、今この瞬間にも下がり続けています。行動するならできるだけ早く動き出すことがお得に買い替える最大のコツです。

車の寿命?車の買い替えの際に気になる都市伝説的な「走行距離10万kmの壁」とは

一般的に車の寿命は10年、走行距離にして10万kmと言われています。これが俗にいう10万kmの壁です。

これを境に車の価値は大きく下がってしまいます。

しかし実際には10万kmを超えたからといってすぐに車が壊れるわけではありません。

車の寿命が10年、10万kmというのはすでに昔の話であり、最近の車は技術力の発達やパーツ耐久力の向上によりそれ以上乗れるのが当たり前になっています。技術の進歩には驚かされますね。

それなのに、なぜ、いまだに10万kmの壁があると考えられているのでしょうか? それにはいくつか理由があります。

まず1つが、消費者に次々と車を買い替えてもらうためです。

物を長く大切に使うのは良いことですが、車を販売する側、つまりメーカーの立場からするとそうも言っていられません。

2つ目の理由は、私たち消費者が10万kmの壁をいまだに意識してしまっているからです。

車検費用も高くなり始めることから、もうこれ以上この車に乗れないな、と感じる人が多いのでしょう。あくまで車の一部が故障するだけなので、乗れなくなってしまうわけではありません。

しっかりとメンテナンスを行えば20万kmや30万km、それ以上走ることも可能です。タクシーは50万km以上も走ることがあるそうですよ。

結局車の寿命はどのくらいなのか、ということですが、結論としては車に寿命はない、と言えるでしょう。

それでもあえて寿命を定めるとするなら、車のパーツを作っている工場が無くなり誰も修理してくれなくなった時か、新車を買った方が安く済むくらいに維持費が膨らんでしまった時、といったところでしょう。

10万キロ以外でも5万キロと3万キロに注意!!買い替えするべき走行距離の目安はどのくらい?

物の値段というのは需要と供給によって決まります。

人気の物ほど需要があり、価格は高くなります。反対に誰も欲しいと思わなければ価格は下がってしまうものです。

これは車でも同じ。いまだに10万kmの壁を意識する人が多いこともあり、走行距離が10万kmを超えた車を欲しいと思う人は一気に少なくなります。

これにより需要が小さくなり、車の価値が大きく下がります。

中古車市場では10万km以外にも、もう一つ大きな壁があります。

それが5万kmという壁です。おそらくあなたの想像している以上にこの壁は大きいものです。

例えば走行距離が4万7千kmの車と5万2千kmの車があったとします。

これらはたったの5千kmの差しかありませんが、買い取り価格・中古車販売価格は大きく異なります。

数万円の差は当たり前、数十万円の差となることも珍しくなく、人気の車であれば100万円以上の差がつくこともあります。

高く買い取りに出したいのであれば5万kmに届く前にした方がよいでしょう。走行距離がほとんど変わらないのになぜ?

 と思うかもしれませんが、これには人間の心理が大きく影響しています。3,100円の商品より2,980円の商品が大幅に安く感じるのと同じことです。

経済的に余裕があり、次々と新車を乗り換えるという方であれば購入後3年、走行距離にして3万kmを目安に考えても良いでしょう。

5万kmの壁ほどではありませんが、3万kmにも査定額が変わる壁があります。

新車購入後、最初の車検が3年目ということもありますので、そういった意味でもこの目安を覚えておくと良いでしょう。高く売れるとは言っても過度な期待は禁物です。

これは買う側の気持ちになれば分かることです。

もしあなたが新しく車を買う時に、とある新車と、それと同じ車種で少しだけ安い中古車があればどちらを買うでしょうか? 

値段があまり変わらないなら、せっかくだし新車を買おうと考えるのではないでしょうか。

実際ほとんどの人は新車を選ぶはず、つまり需要が少ないのです。

このことからも、よほど経済的に余裕があるというわけでなければ、やはり5年を基準に考えたいところです。ちなみにこの場合の理想の走行距離は3万km以下。

中古車業界では1年で1万kmという目安があるので、5年乗って3万kmしか走っていない場合、高めの評価を得られる傾向があります。

以上のことから、買い取りを依頼するのであれば4万km台か9万km台というラインが目安です。

私なら5万kmいかないくらいで売ろうと考えます。排出ガス規制により新車購入から13年を超えたガソリン車は税金が高くなってしまうので、これも考慮に入れましょう。

わたしならこう選ぶ!!買い替え、乗り潰し、かどうかの判定基準

せっかく気に入った車だし廃車になるまで乗り潰してやろう、とお考えの方もいるでしょう。

先ほども述べた通り、今の車はとても丈夫です。丁寧に乗ることができるなら、修理費が高いと感じる限界まで乗り潰すことも難しくありません。

ただし、過去にエンジンなど主要な部分でトラブルがあったという方は買い替えた方がいいかもしれません。

今は大丈夫でも、ある日突然故障してしまうというケースが考えられます。

現代ではどんな人でも当たり前のように乗っている車ですが、一歩間違えると命を落とす危険がある乗り物です。

お得に車を利用するのももちろんですが、最優先するべきは人命ですから、個人的には買い替えてしまうことをオススメします。

それ以外にも、大事に乗って節約しようとした結果、何度も故障してしまったことで思っていた以上に修理費が高くついてしまう可能性も考えられます。

修理のためのパーツが少ないせいでその分修理代や車検費用が高くなってしまうということもあります。

修理費が車両費を上回ってしまっては節約の意味がありません。

気に入った車を乗り続けたいという気持ちは分かります。

ですが、とりあえず今の買い取り価格の相場を把握しておくことをオススメします。もう売れないだろうと思っている車でも思いのほか高く売れることがあるものです。

いっそのこと今の車は売り払い、燃費の良い車に乗り換えた方が長期的に考えると特になるかもしれません。

10年以上・10万km以上走っている車でも買い取ってくれる業者はあります。

どうせ無理と諦めないでください。

そして、買い取り依頼を検討するなら修理前に見積もりをとるようにしましょう。修理費が無駄にかかって損してしまうかもしれません。

もし中古車に買い替えるなら5万キロオーバーの車が手ごろでお勧め!!

中古車を買うのであれば、5万kmを過ぎたあたりの車がオススメです。

先ほども述べましたが、実は4万km走った車も5万km走った車もそこまで大きな違いはありません。

にも関わらず5万kmを超えると途端に人気がなくなり価格が下がります。特にこだわりがないのであれば迷わず5万km超えの車を狙いましょう。

中古車購入でまずチェックするべきなのは過去の使用状況です。

特に事故歴・修復歴があるかは必ずチェックしましょう。

事故歴・修復歴がある車はオススメしません。車は数万個の部品が複雑に組み合わさってできているものです。

事故によって壊れたパーツを直したからといって他のパーツにまったく影響がないかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

車の外装も要チェックです。

大事に乗られていた車かどうかは塗装を見れば分かります。車をしっかりとメンテナンスするオーナーは当然外装にも気を遣うはずですからね。

それと、中古車はやはり新車に比べると不調になることが多いです。

どんな故障までが保証の対象になるのか、その内容も購入前に確認しておきましょう。

買い替えの際に買取を検討するならネットの一括見積をするべき

新しい車を購入するなら下取りしてもらえる販売店がほとんどでしょうが、買い取り業者への見積もり依頼もしておくべきです。

最終的に下取りしてもらうことになったとしても、おおよその買い取り相場を知っていれば下取り価格の交渉材料にすることができます。

いきなり販売店に行くと安く下取りされるよう言いくるめられることもあります

。このような事態を防ぐためにも買い取りの見積もりは必須と言えるでしょう。

ネットでの一括見積の最大の魅力は素早く簡単にできる、ということです。

それぞれの業者にいちいち電話する必要がないのは嬉しいですね。

メーカーや車種、名前などいくつかの項目を入力するだけで複数の買い取り業者にまとめて見積もりを依頼することができます。

おおよその買い取り価格が分かるのも便利な機能です。何も知らない素人は買い取り業者に買い叩かれる可能性がありますから、相場を知ることができるこの機能は私たちの強い味方です。

今の車が10年、10万kmを超えていても買い取ってくれないのではないか、という心配は無用です。

数十万円とまではいかないかもしれませんが、数万円の値はつくでしょう。なぜなら日本の中古車は海外での需要があるからです。

車検があるのは世界の中で日本くらいだということをご存知ですか? 海外諸国には車検がない場合がほとんどです。

そのため20万km、30万kmを乗るのは当たり前。日本ではそろそろ買い替えるかと思われるような車でも十分売れるのです。

買い取り価格は日に日に下がっていくもの。買い替えを少しでも検討しているのであれば一日でも早い見積もりをするのがオススメです。

見積もりをとったからといって売らなければいけないわけでもありません。見積もりを見た上で買い取りを依頼するか下取りに出すか、それとも乗り潰すかを判断しても遅くはないはずです。